いす
煎じ薬
看板縦

漢方薬局 香寿堂 

千歳船橋の漢方専門薬局として、漢寿堂薬局の跡地に新たにオープンいたしました。心と体に不調を感じ漢方薬に興味を持たれた方、また現在漢方薬を必要とされている方が “ 安心して相談できる薬局 ” でありたいと思っております。

気候や世情が不安定な中、自然環境やライフスタイルが心と身体に与える影響は大きいと感じています。人の体はとても繊細です。さまざまな変化に心身がついて行けず自律神経やホルモンバランスが乱れて皮膚、生理、胃腸、感情などのコントロールが難しいと訴える方が多くいらしています

つらい症状を改善するには、何よりも、ご自分に合った漢方薬を服用することです。

そのために漢方薬局香寿堂は、生薬たちと共に全力でお手伝いさせていただきます。

 

 ☆最新コラム

「皮膚病で漢方相談をお考えの方へ」

「大人のニキビ」「アトピー性皮膚炎」

「貧血」「不安感」「春のめまい」

「30代からの乾燥肌対策」

「ニキビ跡/なぜ良くならないのか」

「くり返す湿疹」「排卵期/ニキビ」

「生理の出血が多い/過多月経」

 

お時間のある時にご覧下さいませ。

 

店主 遠藤友紀 

ロゴマーク葉.pdf2.jpg

漢方相談は、遠藤友紀 が担当いたします。
初回はご相談から漢方薬をお渡しするまで50分程となりますので、お時間の余裕がある日時にご予約ください。

☆ご相談の多い疾患、症状

 ☆5月のお知らせ

3~5日はお休み、他は暦通となります。

〇通常開局日時
月火木金土 9~18時

(水日祝お休み)

・皮膚病

アトピー性皮膚炎、ニキビ、湿疹、蕁麻疹

・更年期障害

月経周期の乱れ、月経量が多い、情緒不安

・生理に関する不調

月経前症候群、生理痛、不正出血

・自律神経の乱れ

寒暖差、気圧変化による眩暈、動悸、怠さ

・その他、不眠、パニック、胃腸の不調

ロゴマーク葉.pdf2.jpg

略歴  遠藤友紀 (えんどう ゆき)

平成6年 共立薬科大学卒業、薬剤師免許取得

その後大学院へ進学したが、生理不順、ニキビなど体調不良が続く。

この時期に薬学生のための漢方セミナーで梁哲周先生の講義を受け、東洋医学そして漢方理論に初て触れてその世界観に魅了される。

平成8年  大学院卒業後大手漢方薬局就職

平成11年 銀座ペンギン薬局勤務

平成17年  梁哲周先生主宰の鶏林東医学院にて漢方の基礎、素養を学ぶ

平成20年 漢寿堂薬局勤務

令和元年 漢寿堂薬局閉局

令和元年 漢方薬局 香寿堂 開局

現在、戸田一成先生主宰の漢方コラージュ(渋谷区・代官山)にて、経方理論を軸に臨床の実際で使える漢方を学ぶ。既存の中医学や漢方理論の枠にとらわれず、新たなな視点で理論を臨床から創り、臨床と照らし合わせながら検証を続けている。

ロゴマーク葉.pdf2.jpg

​コラム