いす
煎じ薬
看板縦

漢方薬局 香寿堂 

千歳船橋の漢方専門薬局として、漢寿堂薬局の跡地に新たにオープン(2019年)いたしました。ご相談の9割が20~50代の女性です。

四季や世情が大きく変わりつつある昨今、自然界やライフスタイルが心と体に与える影響は大きいと感じます。人の体は繊細です。ストレスや生活様式の変化で、ホルモンや自律神経のバランスが乱れ、皮膚疾患、更年期障害、生理やメンタルの不調などを抱えた方が多くいらしてます。

つらい症状を改善するには、何よりもご自分に合った薬を服用することが大切です。

まずはご相談ください。

漢方でできることは、全力でお手伝いさせていただきます。

 

ロゴマーク葉.pdf2.jpg

店主 遠藤友紀 

☆ご相談の多い疾患、症状

・ 更年期障害

(月経周期の乱れ、出血過多、情緒不安定)

・ 生理に関する不調

(月経前症候群、生理痛、出血過少など)

・ 自律神経失調症

(気圧の変化による頭痛、めまい、起きれない)

・ 不安神経症

(動悸、不安感、不眠)

・ その他、皮膚病、胃腸病、冷え性など

漢方のご相談は、遠藤友紀 がお伺いします。

初回相談は、今のご状態を把握するため50分程いただきます。

お時間の余裕がある日時にご予約下さい。

ロゴマーク葉.pdf2.jpg

略歴  遠藤友紀 (えんどう ゆき)

平成6年 共立薬科大学卒業、薬剤師免許取得

その後大学院へ進学したが、生理不順、ニキビなど体調不良が続く。

この時期に薬学生のための漢方セミナーで梁哲周先生の講義を受け、東洋医学そして漢方理論に初て触れ、その世界観に魅了される。

平成 8年  大学院卒業後、大手漢方薬局に勤務

平成11年 銀座ペンギン薬局勤務

平成17年  梁哲周先生主宰の鶏林東医学院にて漢方の基礎、素養を学ぶ

平成19年  陣内秀喜先生の厚仁堂中医漢方講座にて中医学の基礎理論、応用を学ぶ

平成20年 漢寿堂薬局勤務

令和元年 漢寿堂薬局閉局

令和元年 漢方薬局 香寿堂 開局

現在、戸田一成先生主宰の漢方コラージュ(渋谷区・代官山)にて、経方理論を軸に臨床の実際で使える漢方を学ぶ。既存の中医学の枠にとらわれず、新たなな漢方理論を臨床から創り、それを臨床結果と照らし合わせながら検証を続けている。

 ☆開局日変更のお知らせ

4月より、水曜定休、土曜9~18時開局

となりました。

月火木金土 9~18時

水日祝    お休み

今月も暦通り営業しております。

 コラムに

「アトピー性皮膚炎/なぜ漢方薬が

 求められるのか?」

「くり返す大人のニキビ」

「パニック障害は漢方薬でよくなる?」

「煎じ薬は飲みにくい?」

「更年期のホットフラッシュ」

「10代、20代の生理痛」

 を追加しました。

 お時間のある時にご覧ください。

 

 ☆電話相談、郵送を始めました

新型コロナと共存せざる負えない状況の中、心身ともに疲れ、息苦しさ、不安を感じている方が多いと感じます。

これから、漢方で何ができるのか、深く考えさせられ試行錯誤の毎日です。

漢方でできること…それは、今体が感じてる違和感や不調を和らげること。

そして体質的に弱いところを補い抵抗力を高めること。

心身を充実させることで外邪の侵入を防ぐ、という作戦です。

“自分の身は、自分で守る!”

​そのお手伝いを漢方でさせて頂く、これに尽きると思っております。

遠方の方でも、お電話での相談、郵送しますので、ぜひご利用ください。

 

ロゴマーク葉.pdf2.jpg

​コラム