top of page
  • kampo-kojyudo

「生理前の過食」

更新日:3月16日

「生理の前になるとチョコレートやスナック菓子が無性に食べたくなる。しかも一旦封を開けるとやめられないので一箱、一袋全部食べてしまう。いつも後悔してます…」20代女性、PMSのご相談です。



生理の1週間前になると必ず甘いものが欲しくなって止まらない、過食になるという方がいらっしゃいます。では、なぜ生理前に過食になるのでしょうか?女性は生理前になると子宮内膜を厚くフカフカにして受精卵が着床しやすいように準備をするのですが、この時に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)が生理前の過食に大きく影響していると言われてます。


東洋医学の視点でみると生理前の過食は、気の鬱滞(疏泄失調)よって胃気(≒食欲)が亢進するためと考えられます。すなわち気がスムーズに循環できずに停滞した気が胃を攻撃し、胃の働きが過剰に亢進した状態。生理前の過食以外の症状としては、PMS(月経前症候群)が強く、生理前にイライラ、ウツウツして感情ントロールができない、ニキビや肌アレが悪化する、体がだるくて動けない等です。


漢方では主に気の流れを改善するものを使っていきますが、胃腸の状態、水の代謝、血流をみながら適切な調整をすることで生理前の過食は落ち着いてきます。


食べることは人の体を維持するには大切なことですが過ぎると害になることも。それをコントロールするためにはご自分に合った漢方薬を服用されること、これに尽きると思います!



閲覧数:5,240回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page