• kampo-kojyudo

「アトピー性皮膚炎/カサカサして痒い」


「夏の終わりから手のひら、うで、肘内側の皮ふが乾燥してカサカサになると同時に、痒みが強くなるのが辛いです。日中はどうにか我慢できるのですが、夜中に無意識に搔いてしまうので寝具が血まみれになることも。秋から冬は毎年悪化するので、今年こそ乾燥と痒みをどうにかしたいと思って…」30才、女性のご相談です。

この患者さまのように秋から冬にかけて皮ふの乾燥、痒みが悪化する方は多くいらっしゃいます。元々アトピー性皮膚炎は皮ふのバリア機能が低下しているため、表面は乾燥しやすく、異物(紫外線、ホコリ、花粉、細菌)に敏感に反応してして炎症が起こりやすい状態にあります。そのため保湿剤などで皮ふを保護するケアをしますが、ヒルドイドソフト軟膏、ワセリン、馬油などを小まめに塗っても秋から冬はガサガサに乾燥します。

では、どうしたら漢方薬で乾燥を防ぐことができるのでしょう?

一つには体の内側から皮ふを潤す、滋養することです。漢方では当帰、芍薬、川芎など四物湯を内包する当帰飲子がよく使われます。当帰飲子は四物湯で皮ふの栄養を補い血行を促しながら、蒺莉子で痒みを止めます。但し、この処方の運用で注意が必要なのは、熱感、赤みがあまり強くないこと、更にジュクジュクしていないことです。赤みと浸出液がある場合は病巣に炎症があるため、皮膚を滋養するものを使うと炎症が悪化する可能性があります。

二つめに、体の過剰な熱を取りのぞきながら乾燥した皮ふを潤す方法です。これは病巣の熱の勢いが強いため、皮ふ表面の水が燻蒸して乾いてしまう、熱盛傷津という病態です。口渇、汗かき、暑がりの体質ならば白虎湯、白虎加人参湯、赤みが強くて浸出液が出ている場合は黄連解毒湯加石膏などを使っていきます。

アトピー性皮膚炎の難しいところは、皮ふ表面が乾いていてもその下の表皮に湿邪(水)が隠れていることが非常に多い。ですので一年を通してどんな時にどんなふうに悪化しやすいのか、更に発疹部位、湿疹の赤み、乾燥、浸出液などの状態ををきちんと把握することが最も大切になります。これらの情報と体の体質を考慮して、なぜ皮ふが乾燥するのかを検証していく。この紐解きができた時に、皮ふはスッときれいになります。

アトピー性皮膚炎の治療は根気が必要です。

諦めず、一緒にがんばりましょう!

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示