• kampo-kojyudo

「10代、20代の生理痛」

生理の度に、激痛に襲われて七転八倒するけれど、生理は月に一度のことだし、鎮痛剤を大量に飲めばどうにかやり過ごせるので…このように考えている方、多いようです。

確かに、生理痛のある1~2日間、鎮痛剤を飲めば痛みは止まりますが、本当にそれでいいのでしょうか?

「痛み」とは、本来、体の中で異常を発しているというサインです。

生理痛の場合、子宮に何らかの異常があるために起こる症状です。

ですので、繰り返し生理痛があるようでしたら、子宮内膜症、子宮筋腫などの疑いがあるため、一度、婦人科を受診してみてください。


そして特に子宮に異常がなかった方は、漢方薬をおすすめします。一般的な生理痛の漢方薬に、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遙散などがあります。

ホルモンバランスを整える、当帰、芍薬、川キュウなどが配合されたものですが、ここで大切なことは、その方の子宮の状態です。

生理サイクルに大きく関わっているところが、子宮と卵巣。ここが、冷えていたり、血液不足ですとスムーズに血液が流れず、排出しにくくなるため、生理痛が起こりやすくなります。

川の流れで例えると、水が凍っていたり、水不足だと、水が流れにくくなるのと同じ現象。


さらに、普段の体の状態もチェックが必要です。胃腸の状態、冷え、浮腫みなど、体質的なところも加味して、漢方薬を選ぶことができます。


適切な漢方薬を飲めば、生理痛はよくなります。


特に、10代、20代の方たちの薬への反応は早い、と感じます。


そして、ここで子宮内の環境を整えていくことで、30代、40代に待つ、妊娠、出産への準備にも繋がります。


「とりあえず痛みを止める」から、「体の中から変えていく」にして行きませんか?

34回の閲覧
  • s-facebook
  • Twitter Metallic

​漢方薬局 香寿堂 | 世田谷区船橋1‐37‐1 | 03‐5799‐4848 

  営業:月火木金9‐18時、水土9‐13時(日祭お休み)

©kampo-kojyudo2019