• s-facebook
  • Twitter Metallic

​漢方薬局 香寿堂 | 世田谷区船橋1‐37‐1 | 03‐5799‐4848 

  営業:月火木金9‐18時、水土9‐13時(日祭お休み)

©kampo-kojyudo2019

 

検索
  • kampo-kojyudo

「花粉症にいい漢方」って?

最終更新: 1月27日

ご相談にいらして下さっている患者さまが帰り際に、毎年1月末から花粉症の症状が始まるので、今から憂鬱なんです…とポツリと話された言葉が頭からはなれず、コラムに書くことにしました。

それだけ症状がでると鬱陶しく、期間限定の症状とはいえ、クシャミ、鼻水、鼻づまりの他、鼻のムズムズ感、目のかゆみ、涙目、顔のかゆみ、発疹など、その方によって症状は様々。花粉症の方にとっては本当につらい時期と思います。

一般的な抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤で症状が抑えられて、副作用も気にならない方はいいですが、症状は軽減するけれど、胃腸障害やボーっとして集中力がなくなるのでどうにかしたい、という方の相談が実は多いです。この様な方は、西洋薬と一緒に漢方を飲まれることをお勧めします。

ただいつもお話ししますが、「花粉症にいい漢方」を下さい、と言われても合ったお薬はお出しできません。お時間のない方も必ず、今つらい症状と体の状態を伺わせてください。

一般的に花粉症にいいとされている漢方薬、小青竜湯、葛根湯加川芎辛夷、辛夷清肺湯などが、みなさんに良いとは限りません。

症状と体質によってお薬は調整しますので、いよいよ来たかな…と思われたらなるべく早めにご相談にいらして下さい。これもカゼと同じ、先手必勝です!


なお最近の花粉症の傾向として、鼻や目のかゆみがつらいという方が多いです。この様なタイプの方は、お茶のように煮出してもらう煎じ薬が効果的です。

また、顔の痒みや赤み、鼻の周りのただれには、スキンケアとしてリスブランのセンシティブシリーズがお勧め。敏感肌にも刺激にならず、やさしく保湿、保護をしてくれるので、外出時の花粉ブロックにもなります。


もっと色々お話したいのですが、つづきは店頭で~

12回の閲覧