• kampo-kojyudo

「自律神経失調症」は良くなるの?

朝起きようと思っても体が動かない、気力がない、立ち上がると眩暈がする…

私、自律神経失調症かしら?というご相談の方が最近多いので、今回は「自律神経失調症」についてお話しします。

まずは、自律神経とは?

交感神経と副交感神経からなり、前者は活動的な働きをするもの、後者は沈静、リラックスさせる働きがあります。人間の体内リズムは、朝には交感神経、夜には副交感神経が優位に働くため、このバランスが整っていると昼夜の動静が保たれて気分よく毎日を過ごせます。

ただ自律神経はとても繊細です。特にストレスやホルモンバランスの影響を大きく受けます。

そのため、仕事、育児、介護などでで頑張りすぎて、自分の体に目を向ける余裕のない方は、ふとした時に一気に感じる方がいます。

何だか体がおかしい…

心と体のアンバランスな感じ。

これこそが、自律神経失調症です。

思ったように体が動かない、また意図してない時に動悸やのぼせ等の不快な症状がでる。

他の人からは怠けている、過敏なだけでは、と見られやすいですが、本人はとても辛い状態です。


漢方はこういった症状の多い病態に対して、効果的な手段をもつ医療だと思います。


もしも「自律神経失調症」かなと思ったら、まずはご自分の生活を見直してみて下さい。

もしかしたら、休息したり、食生活を改善すれば良くなるものかもしれません。


それでも変わらない様でしたら、漢方を試してみる価値はあると思います。

0回の閲覧
  • s-facebook
  • Twitter Metallic

​漢方薬局 香寿堂 | 世田谷区船橋1‐37‐1 | 03‐5799‐4848 

  営業:月火木金9‐18時、水土9‐13時(日祭お休み)

©kampo-kojyudo2019