• kampo-kojyudo

「産後太り/漢方薬で本当に痩せる?」

「13年前に出産して、その後1年で1㎏ずつくらい太って、気づいたら+15㎏。

このままではいけないと思い食事制限や運動をやってみたのですがあまり変わらない…

漢方薬で痩せることできますか?」

このようなご質問が多くあるため、実際に痩せた方の経験を基にお話しします。

50代女性でホットフラッシュが主訴でしたが、痩せたいという強い要望がありました。この方は漢方薬を飲み始めると一緒に、週4回自宅でYouTubeを見ながら1時間くらい運動し、食事も野菜とタンパク質を中心で夕食は軽めにしていきました。すると、今まで動かなかった体重が6か月で-3㎏、1年で-5㎏落ちました。紆余曲折はありましたが、今は昔のジーンズが履けるようになり大変喜んでいらっしゃいます。

この方は、気の滞り(疏泄失調)と熱の上亢(化熱)があったため、気血水の巡りが悪くなり、基礎代謝が落ちていたと考えられます。

まずここで大切なことは、なぜ産後代謝が落ちたのかを東洋医学的に見極めることです。

その原因は、育児疲労(気虚)、ストレス(気滞)、冷え(陽虚)、血行不良(血虚、瘀血)など。


もう一つ大切なことは、生活習慣です。一時的な運動、食事制限というより、ちょっとキツイけれどやれるくらいの継続可能なライフスタイルを創ることをお勧めします。極端なことをするとリバウンドしたり、体調を崩したりと本末転倒に。。まずは、自分に合った痩せやすい生活習慣を考えて実行してみてください。


以上のことを纏めますと、なぜ産後代謝が落ちたのかを見極めて漢方薬を選ぶこと。さらに、食・動など自分に合った痩せやすいライフスタイルを新たに創っていくことで、体重を落とすことは可能です。


とは言っても、何をどうしていいか分からない…という方はご相談ください。

漢方は勿論、ライフスタイル提案もできる限りさせて頂きます~


34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • s-facebook
  • Twitter Metallic

​漢方薬局 香寿堂 | 世田谷区船橋1‐37‐1 | 03‐5799‐4848 

  営業:月火木金9‐18時、水土9‐13時(日祭お休み)

©kampo-kojyudo2019