• kampo-kojyudo

「梅雨時の不調/だるい、起きれない、気が沈む」

「毎年梅雨の頃になると、体がだるく、重たく、とにかくしんどいんです。子供を学校へ送り出すためにどうにか必死で起きるのですが、家を出た後はまた横になりたくてお布団でゴロゴロ…梅雨空とともに気分もウツウツ…」

梅雨時の不調にはいろいろな症状がありますが、その原因とは?

梅雨時の主な不調には、体の倦怠感、沈重感、浮腫み、嗜眠、こわばり、食欲不振、軟便など、体の中の過剰な水と胃腸にポイントがあることがかります。体に吸収されない水が増えると、体や頭、手、足などが重だるい、といった下へ、脱力して落ちるような下垂症状がでます。さらに水が吸収できないのはは胃腸の弱りが関係してきます。

ということは、胃腸の働きをよくして、水の代謝を改善することで梅雨時の不調を改善できるということです。コラムの「低気圧頭痛/気象病頭痛」に共通する内容がありますので、まずこちらを参考にご覧ください。

低気圧頭痛(気象病)とは病態が似ていますが、その症状は異なり、気象病は急激な気圧変化(風湿邪)にともなう激しい頭痛、めまい。これらの症状は雨が降ると楽になります。

梅雨時の不調は、痛みや眩暈も起こりますが気象病より比較的穏やかな印象です。ただ湿度の影響が強いため(湿邪)、全身の重だるさや倦怠感は強く、その症状は雨や曇りの日(特に湿度が高い時)は一日中つづきます

漢方薬では一般的に、五苓散、苓桂朮甘湯、カッ香正気散、当帰芍薬散などが使われます。これらの中には過剰な水の調整をする茯苓、白朮、沢瀉が含まれ、浮腫や尿量少ない方に効果的です。

また、当帰芍薬散の当帰が胃に負担になることもありますので心配な時はは処方された方に相談されてみて下さい。


以上をふまえ、梅雨時の不調を改善するために生活面で気をつけるポイント3つ、

☆胃腸に負担をかけない(特に甘い物の過食は体のだるさを助長するので控えめに)

☆水分補給は常温のものを少しずつ

☆少し汗ばむ程度の運動を


これらを、継続的に、できる範囲で、ライフスタイルに取り入れてみてください。

今年の梅雨は、少しでも快適にお過ごしになれますように~

68回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示