• kampo-kojyudo

「木の芽どき~体調不良をどう乗り切る?」

更新日:3月14日

「最近、体がだるく、気力がでず、頭がボーっとして、気づいたらウトウト…集中力がなく仕事や家事が全然はかどらないんです…」いつも相談にいらしている40代女性。

木の芽どき、とは樹木が芽ぶく春先に用いる季語です。この頃は自然界の陽気が盛んになるため、今まで家に篭りがちだった人も外に出て活溌に動きたくなるような季節になります。同時に寒暖差や急激な気象変化も起こるため、それに体がついて行かず体調が不安定になってきます。

体調が揺れると、心も揺れる。

症状としては、体がだるい、日中眠い、フワフワする、急にほてる、寒気がする、気力がない、ウツウツするなど自律神経失調症と言われるものです。この他、湿疹やアトピー性皮膚炎など痒みをともなう皮膚疾患も悪化しやすくなります。


このように春の木の芽どきの体調不調をどう乗り切るかですが、まずご自分の生活の中で、次の3つのことを確認してみてください。

まず一つ目では睡眠。夜はなるべく0時前に布団に入って十分に睡眠をとる。そして毎朝、一定の時間に起きる。

二つ目は食事。旬の食材をとり入れて、ゆっくり味わい、楽しみながら腹八分目に。

三つ目は運動。日中は少し汗ばむ程度のウォーキングなどをしてなるべく体を動かす。

以上ですが、普段の生活が忙しく分かっていてもなかなか出来ない、、、という方が多いと思います。ですので今までのライフスタイルを大きく変えるのではなく、平日は0時までに布団に入る、一日一回は好きな音楽を聴きながらゆっくりと食事をする、買い物ついでにウォーキングするなど無理なくというのが大切と思います。

ご自分の生活リズムが整ってくると、心と体が安定し、自然界や世の中の変化に揺らぎなく過ごせるようになってきます。

先ずはできるところから、チャレンジしてみて下さいね!

閲覧数:287回0件のコメント

最新記事

すべて表示