• kampo-kojyudo

「息苦しい/過呼吸(過換気症候群)」

「もともと不安感が強くて心配性なのですが、5年位前から緊張すると息が苦しくなってハカハカ…。深く吸う、吐くができないので、このまま窒息してしまうのではとパニック状態に。とにかく不安になるので、ゆっくり深呼吸しようとするのですが上手く吸えない…どうしていいか分からなくなって、唯々その場にしゃがんで落ちつくまでじっと我慢…」30代後半、女性のご相談です。

仕事、対人関係、環境などによるストレスが引き金になって、突然、過呼吸の症状が起こるケースはよくみられます。その方たちに多くは、責任感がつよく、とても繊細です。そのため、普通の人以上にいろんなことを考え、人に気を遣うタイプともいえるでしょう。

この方の過呼吸の症状のほかに、胸の圧迫感、動機、感情のコントロールができない、物音に敏感に反応する、不安緊張がつよい等の症状がありました。漢方では胸満煩驚の病態です。

すぐにある処方が思い浮かびましたが、相談の中で以前に同じ処方のエキス剤(粉薬)を飲んだことがあり効果がなかったことが分かり、どうしようか…と躊躇いました。もう一度ていねいに問診し確認したところ、やっぱりこの処方しかない…と思い、同じ処方の煎じ薬をお出ししました。一週間後、今まで嫌なことを引きずっていたのが、まぁ~いいかー、と流せるようになって、息苦しさも楽になってきました!と笑顔でお話ししてもらえました。


漢方薬はエキス剤と煎じ薬では、同じ処方でもやはり効果はちがいます。

過呼吸の漢方薬も含め、エキス剤を飲まれても効果があまり感じられない…と思っている方は、ぜひ煎じ薬をお試しください。証に合えば、効果はグンと良くなるはずです。


そのために、自分の腕を日々磨きつづけねば、ですね💪

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示