• kampo-kojyudo

「めまい」

グルグル回る、フラフラする、斜めに傾むく…

めまいの症状は様々ですが、一度経験された方は、

「あの時の感覚がまだ体に残っていて、怖い。また起きたらどうしよう…」

毎日、再発の不安に怯えながら、生活している方がいらっしゃいます。

「めまい」は、体の平衡バランスを乱すだけでなく、心の安定も脅かします。

また起きるのでは…

という不安のために、外出や行動を諦めなければならない。

また一度起こると、その時の余韻が感覚的に残ってしまい、数日は歩いていてもフラフラ、グラグラして、地に足がつかない感じが続く。



耳鼻科や脳神経外科へ行っても、「異常はない、自律神経の乱れでしょう」と。

めまいで漢方相談にみえる方は、殆どが、このような方です。


では、漢方薬でめまいをどのように改善するかですが、

先ず、めまいが何故起こるのかを考えます。

水の代謝が悪いのか、疲労による陰陽のバランスの乱れか、ストレスによる疏泄失調か、等々。


これらを判断するには、次の情報が必要となります。

・めまいが、どんな時に起こりやすいか?

・めまいと共に、他に症状はあるか?(例えば、吐き気、頭痛、下痢など)

・めまい以外で、今、体で気になるところ


以上のことと、体質、そして生活環境などから総合的に「証」を判断して、漢方薬を調合します。


初めは、煎じ方、お味見で、2~3日お試しいただく。

その後1週間、そして最終的に2週間のサイクルで様子を伺い、薬を調整していきます。


変化の現れ方は、体が漢方薬にどう反応するかで変わってくるので、申し訳ありませんがはっきりとお答えできません。

ただ、体の反応が良い方は、飲み始めて、1~2週間で体調の変化を感じられています。


香寿堂、での「めまい」のアプローチの方法を書かせていただきましたが、お伝えしきれないところが多々あるかと思います。

不足の部分はお電話でも対応させていただきますので、質問のある方はお気軽にご連絡くださいませ。

79回の閲覧
  • s-facebook
  • Twitter Metallic

​漢方薬局 香寿堂 | 世田谷区船橋1‐37‐1 | 03‐5799‐4848 

  営業:月火木金9‐18時、水土9‐13時(日祭お休み)

©kampo-kojyudo2019